Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/aes/tinea-pedis.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/aes/tinea-pedis.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
爪水虫を病院に行かずに治したい!という方の飲み薬購入方法

爪水虫を病院に行かずに治したい!という方の飲み薬購入方法

爪水虫には飲み薬が有効ですが、様々な事情でなかなか病院にかかることが難しい方もいますよね。

  • 今まで病院に通っていたものの、引越しをして信用できるかかりつけの病院が遠方になってしまった。
  • 病院で診察してもらったが、仕事が忙しく継続的に通うことができない。
  • 爪水虫を治したいけれど、病院に行くのは恥ずかしい。

病院で処方される薬が購入できたら、やはり便利だなと思いますよね。

薬局などで市販はされていませんが、購入方法は存在します。

どのように購入するのか、購入・使用の際の注意点を含めてご紹介します。

爪水虫の飲み薬を自分で入手する方法

爪水虫の飲み薬は病院で処方してもらうのが原則

水虫の塗り薬は薬局でも見かけますが、爪水虫の場合は飲み薬となるため、医師に処方してもらうことになります。

基本的な流れとしては、

  1. 病院(皮膚科)に行き、診察してもらう
  2. 爪水虫と診断された場合は、飲み薬の治療を行うか医師と相談する
  3. 血液検査で肝臓などの数値が問題ないか確認する
  4. 飲み薬を処方される

となります。

全く副作用を感じない方もいますが、肝臓・腎臓が悪い方は服用を控えるべきとされているため血液検査もしっかり行うというわけです。

ですので原則として、病院で処方されたものを通院して服用していくのが推奨されます。

個人輸入で飲み薬は買うことができる

薬ですので、しっかりと作用・副作用は認識しておいていただきたく病院での処方の説明をしました。

結論として、爪水虫の薬として使われる飲み薬を個人で購入することは可能です。

その方法が個人輸入です。

日本では薬事法によって流通されていない薬も、海外では普通に市販されているものがあります。それを輸入して購入する方法です。

医薬品の場合、もともとの想定として「外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合」、「海外からの旅行者が常備薬として携行する場合」への配慮として許可されています。

ですので、個人での利用以外は認められていません。(他人への譲渡や販売は禁止されています。)

購入を検討される際には厳守するようにしてください。

個人輸入代行を介して購入できる飲み薬

個人輸入するといっても、必要書類を用意したり、薬事法に違反していないことを証明してもらうなどハードルが高いのも事実です。

ですが今は個人輸入代行をしてくれる会社もあり、通信販売と同じような感覚で購入することができるようになっています。

※ただし、悪質な業者もいますので注意が必要です。

個人輸入代行であれば、税関での確認さえ通ればそれ以上の制限はなく購入ができます。こちらはそこまでハードルが高くないので安心してください。

税関での審査は、「女性用の医薬品なのに、男性の名前で購入されている」などの場合に引っかかります。

では、実際に個人輸入代行を利用して購入できる爪水虫の薬を紹介します。

ラミシール

現時点では、個人輸入代行の会社経由で購入できるのは「ラミシール」だけです。

それでもラミシールは爪水虫に有効な2大飲み薬ですので、効果としては申し分ないでしょう。

他にも購入できる飲み薬が増えたらご紹介していきます。

使用に当たっての注意点

個人輸入で飲み薬を購入する場合、自分での判断だけで服用するのは危険も伴います。

爪水虫の場合は、最初にも説明しましたが肝臓・腎臓機能への影響もありますので、医師の判断を仰いだ上での使用を心がけてください。

病院での処方と量が異なる場合がある

個人輸入で購入すると、病院で処方されていたときの量とは1錠が異なる場合があります。

たとえば、ラミシールは成人には125mgを1日1回が目安となりますので、処方される薬も1錠125mgとなっていたとします。

ですが海外で販売されているラミシールは1錠で250mgであり、同じように1錠を飲むと身体への負担が大きくなってしまいます。

治療方法に合わせて自分で量を調節する必要がありますので注意が必要です。

妊婦、母乳の内服薬による副作用にも注意

繰り返しになりますが、副作用についてもう少し紹介します。

最初に説明した肝臓・腎臓への影響のほかに、胎児への影響があります。これはこのサイト内でも至るところで記載していますが、とても重要ですのでこちらでも記載します。

爪水虫の内服薬(飲み薬)は、胎児に影響がある可能性が指摘されており、妊婦さんは内服しないように案内されています。

  • 妊娠中の方
  • 母乳を子どもに与えている方
  • 妊娠の可能性がある方、希望されている方

そういった方は病院での処方、個人輸入に限らず服用しないようにしてください。

個人輸入代行での購入方法と飲み薬についてのまとめ

病院での処方ではなく、個人輸入という方法で爪水虫の飲み薬を購入する方法を紹介しました。

まずしっかりと使用上の注意を確認したうえで、用法・用量、経過を医師と相談できる環境で検討してもらいたいと思います。

実際に個人輸入代行を利用したい場合は、この業界では有名な「オオサカ堂」を利用するのが良いと思います。

1997年創業で、業界としては老舗、大手ですので信用も高いです。送料が無料なのも嬉しいところ。

紹介したラミシールを扱っているのもオオサカ堂で、他では見つかりませんでした。

オオサカ堂であればこちらから購入できます。

ラミシール(Lamisil)250mg


注意点が多く不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、個人輸入代行は違法でもありませんし、副作用も経過を見ながら影響が出たら内服をやめることで症状はまずおさまります。(肝臓・腎臓や妊婦の禁止事項についてはNGです。)

正しく使ってもらい、爪水虫から開放されるための助けになれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする